【FFオリジン】STRANGER OF PARADISE FF ORIGINのクリア感想

ゲームレビュー

こんにちは、ヘタクソなのになぜかそこそこ「死にゲー」が好きなずわいがにと申します。

「PSプラスエクストラのゲームカタログ」『STRANGER OF PARADISE FINAL FANTASY ORIGIN』があったのでプレイしてまいりました(2024/1月現在)。本編(DLC除く)をクリアしてトロコンもしてきたので、その感想記事になります。


「ストーリークリアはだいたい15時間」、「トロコン達成はだいたい30時間」でした。道に迷わずに効率的にやればもっとはやく攻略できたと思います(注:わたしは極度の方向音痴です)


まずプレイする前に感じたことですが「タイトル長すぎ」ですね(笑)このタイトルを考えた担当者は「サーチエンジン対策」とか、あまり考えなかったんでしょう。タイトルのセンスがないせいで、売り上げにも影響があったと推測します。

で、タイトルが長すぎてだるいので、以後『FFオリジン』と表記します。


ストーリーのネタバレはありませんし、「効率的なトロコン手順」をかんたんに説明するので、興味があったら読んでってください!

 

スポンサーリンク

『FFオリジン』は死にゲー?ハクスラ?

難易度ノーマル(アクション)でもかなり戦闘には緊張感があると思いましたけど、個人的には「死にゲー」ではないと思います。なぜなら「難易度を自由に調節」できますからね。難易度を調節できるぬるいゲームを「死にゲー」と扱ったら、きっとフロム原理主義者が「シュバババ!」と飛んでくるでしょう(笑)


「装備レベルを適正レベルに更新」すれば、ヘタクソでも攻略できるようになりますから、どちらかというとハクスラ寄りだと思います。

ちなみにわたしのこれまでの「いわゆる死にゲー」とか「ソウルライクゲーム」のプレイ歴は↓

・Bloodborne(ブラッドボーン):本編クリア済み
・仁王1:序盤で断念
・仁王2:本編クリア済み。「常世同行システム」が神。詳しい感想はこちらでどうぞ!
・ザ・サージ1:30分で挫折
・CODE VEIN(コードヴェイン):本編クリア済み、詳しい感想はこちらでどうぞ!良ゲーです!


そんなわけで、いちおう「死にゲー」がどんなものか理解くらいはできてる立場から「死にゲーではない」という感想になった、とご理解いただけるとありがたいです。


個人的には、死にゲーはべつに好きじゃないので、難易度調節ができるのは高評価ですけどね!じゃあなんで、そこそこ死にゲーやってんだって話なんですけど(笑)

 

スポンサーリンク

全体マップもミニマップもないのは低評価。というかクソ。迷ってムダな時間を過ごした

なんで「ソウルライクゲーム」ってマップを確認させたがらないんですかね?「戦闘の難易度が高い」ことだけで、じゅうぶんプレイヤーへの試練になってると思うんですけど!意図がわかりません。


そのへん『CODE VEIN(コードヴェイン)』はマジで神でした。全体マップでちゃんと現在地を教えてくれましたからね!それに「自分がどう移動したか」という足跡も表示してくれましたから。

ところが『FFオリジン』の場合、ダンジョンがわりと手抜きのコピペっぽくて、似通ってるくせにミニマップも全体マップもないので、とても迷いやすいです。


戦闘中に敵を「ロックオン」してしまうと勝手に視界の方向がかわるので、戦闘後に方向がわからなくなり、もと来た道に戻ってしまうというクソみたいなロスが多々ありました。とはいえ「敵をロックオン」しないと攻撃をミスりやすくなるので、しないわけにはいきません。

たぶん「初回ストーリークリアにかかった15時間」のうち、迷いまくってムダにした時間が5時間くらいはあると思います。すべての3Dゲームよ、ミニマッププリーズ!!!おなしゃす!!!

 

スポンサーリンク

本編トロコンまでの効率的な攻略

なお、PS4版のトロフィーコンプリートなので、他のデバイスがどうなってるかは知りません。あしからず。


1、まず「難易度ストーリー」でメインミッションをすべてクリアする


2、「難易度ストーリー」でサブミッション『漆黒の記憶・魂の輝きを求める者』のボスラッシュをクリアして「アニマの結晶」を入手する



3、「難易度カオス」にしてサブミッション『曙の記憶・欲に塗れた者』の「LV175」を開放する

 


4、最初のキューブ近くで、グレネード2体に魔法職で「ファイガ」を当てて自爆させて、ドロップアイテムを拾い、装備レベルを上げる(倒したらキューブに触れて復活させる)

 


5、ある程度装備レベルをあげたら、探索を開始。戦闘する必要はない。宝箱から『トライデント』を入手してクリアする。『アニマの結晶』をゲット

 


6、「難易度カオス」で『曙の記憶・欲に塗れた者』のレベルをできるだけ上げて、この作業を繰り返して平均装備レベルを上げていく(200以上推奨)

 


7、「難易度カオス」でジョブレベル上限を突破できるストーリーミッションをクリアする(大剣士が楽)

 


8、「難易度ストーリー」に戻して、サブクエストをすべてクリア+いずれかのジョブをレベル99まで上げる

 

はい、この手順がもっとも効率的だと思います。
わたしは途中まで攻略情報を見ずにてきとーな非効率プレイをしたのでトロコンまで30時間かかりましたが、効率的に作業すれば、20時間もかからずにトロコンできると思います。あと方向感覚に優れてるひとならもっと早いと思います(笑)


まあ、DLCを購入しないと「本編クリア後にはトロコンくらいしかやるがことない」ってことなんですけどね……。正直、本編だけだと、難易度カオスを開放してハクスラの厳選をがんばってキャラを強化しても「それで、いったいだれを倒すねん?」って話になっちゃいますからね。

 

スポンサーリンク

まとめ

個人的には「難易度ストーリー」でフレンドと遊んでるときはすごくおもしろかったです!
ストーリー面でも、FF1由来のこってりライトファンタジー世界のはずなのに、なぜか主人公のジャックたちが「アメリカンカジュアル」の衣服を着てたり、「光の戦士」がいなかったり、という疑問点がエンディングでいっきに判明する、というところはよかったと思います。感動した!


ただまあ、ハクスラとしても死にゲーとしてもやや中途半端かな、と思いました。
でも、昨今、評判が地に落ちた「スクウェア・エニックス」名義のゲームとしては、ふつうに遊べるゲームだと思います。それに、ワンアクションで『最強装備』にしてくれるのはマジでグッジョブ!さすがはチーム忍者!

最近は「高速サービス終了」を売りにしてるスクエニさんのゲームなので、この『FFオリジン』もいつサ終するかわからないため、遊びたいなら早めにプレイすることをおすすめします。スクエニさんが作ってないおかげかわかりませんが、けっこうおもしろかったです!

この記事は以上です。

タイトルとURLをコピーしました